Skip to main content.

アボガド

20071129-CA330013-small.jpg

芽が出るのかな?と思いつつ、水に浸けておいたアボガドの種がまっぷたつに割れました。
あの堅い種が割れるのかとびっくりしましたが、にゅーと芽が伸びてきました。
かなり大きな木に短期間で成長するということなので、果たしてマンションのベランダで育てられるものかどうか・・・
住宅街を歩いていると、自宅の周りがキウイだらけになっている家を見かける事がありますが、キウイの生命力もすごいものだと思います。
キウイの場合はマタタビ科なので、やたらと野良猫が集まってくるようで、沢山の猫がまたーりとしていたりします。
なんとなく雰囲気は似ている(実の形とかがね・・・)のですが、アボガドの場合、クスノキ科なのでそういうことはありません。とはいえ、あの大きな実がぶらぶらとぶら下がっている様子を早く見てみたいものです。
ちなみに、この種には毒があるので食べてはいけないそうです。実の方は「森のバター」と呼ばれてはいますが、不飽和脂肪酸が主成分であるため、コレステロールの心配はあまり無いようです。
しかし、アボガドっていいですよね。早く大きくならないかな・・・ ^ TOP

Posted on 2007年11月29日07:47tomneko さんによって投稿されました-

神代植物公園

20071118-IMG_4521-vga-small.jpg

20071118-IMG_4462-vga-small.jpg

秋晴れの空の下、神代植物公園へ行ってきました。
思えば、調布なのですぐそこなのですが、どういうわけかいままで一度も行った
事がありませんでした。
すぐ近くのサレジオ修道会はカミさんがカトリックなので、一緒に行った事も
あったのですが、その時は植物園が歩いてすぐの所とは思いもしませんでした。
サレジオで仲良くなったイタリア人のシモンチェリ神父は別府へ異動されてし
まったので、お会いするのも難しくなってしまいました。イタリア人らしく気さ
くで明るい方で、笑顔の素敵な老神父でした。
さて、神代植物公園ですが、とにかく広いです。バラ園あり、温室あり、芝生の
広場ありで、歩いてまわると1時間以上かかります。
写真は、「秋なのに桜だよ!」と驚いた10月桜と、温室にちんまりと座っていた
「うえきばち君」です。
春には桜が咲き誇るようですから、お花見に行くのもいいですね。 ^ TOP

Posted on 2007年11月18日16:27tomneko さんによって投稿されました-

亜伊堂留亭@勝どき

20071115-20071111-CA330005-vga-small.jpg

この名前!いかしてますね。
THE TOKYO TOWERS」のはす向かいにある店です。
店の前にたたずむわんこ君もいい味出してます。 ^ TOP

Posted on 2007年11月15日12:45tomneko さんによって投稿されました-

武田浩一氏の死を悼む

20071103-CA330071-small.jpg

11月2日の夜、社員と新宿の「思い出横丁」で飲んでいた時に、三浦君からメールで連絡を受けた。
「瑠瓏さんが亡くなられたみたいです・・・」
瑠瓏さんとは、Firebird日本ユーザー会の理事であり、元@niftyのFDELPHIでSYSOPを勤められた武田浩一氏のことだ。
ありえない!何かの悪い冗談ではないのか。しかし、送られてきたメールには、そのFDELPHIのサーバーにあがった訃報が添付されている。
すぐに電話をかけて、真偽を確かめる。どうも本当らしい。同じくFirebirdユーザー会の監事の近藤さんからも着信があったので、すぐかけなおす。別ルートでも情報が入ってきたと言う。
緊急事態なので、飲み会を解散し、すぐに帰宅する。慌てていたので、コートを忘れてきてしまった。
自宅から、FDELPHIのサーバーにアクセスして状況を確認する。信じられないと言う気持ちを書き込んだ。すでに通夜が終わっていると言う状況。明日、告別式だという。
11月3日朝5時に起きて家を出て、東京駅へと向かい、0643東京発、0919新大阪着ののぞみ113号に乗り込んだ。前夜に引き続き天気が悪い。
ご葬儀は急なことでもあり、ご家族・ご親族の方々を中心に、近しい人だけで執り行われた。棺の中に納まっていた武田氏の表情が目に焼きついている。さぞかし、無念だったと思う。
ただただご冥福をお祈りするばかりだが、氏の残された業績をコミュニティの皆で引き継いでいかなければならないと強く思っている。
武田さん、ありがとう。安らかに眠って下さい。 ^ TOP

Posted on 2007年11月03日21:56tomneko さんによって投稿されました-